オススメリンク

部屋の状況によっては原状回復が必要になるかもしれません。その際には専門の業者に依頼をしましょう。専門的な知識を用いてしっかりと対応してくれるので安心できますよ。
現状復帰をすることは義務になっています。マンションの部屋を元通りにするなら專門の業者がオススメですよ。

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

October 2014
M T W T F S S
« Aug    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

サイト内検索

新築の部屋
  • 都会のマンション
  • モデルルーム ダイニング

賃貸原状回復サービス

都会のマンション

賃貸物件退去の際のトラブルが後を絶ちません。
特に、原状回復にまつわるゴタゴタは頭の痛い問題です。
退去の時は借主のほうに責任があるのに、実際のところどこまでが自分の責任になるのか分からず曖昧。
専門業者に頼むのは費用がかかるうえに法外な金額を要求されるなどして、へとへとになってしまったという人も多いのではないでしょうか。
そんな現状を変えようと、最近、原状回復義務なしの不動産賃貸がでてきました。
自分好みにお部屋を改装してしまっても大丈夫なこの住宅は若い人を中心に人気となっています。
原状回復させやすい壁紙を扱う業者も登場しました。
またある自治体では、対象はお年寄りと障がい者になりますが、費用を共済というかたちにして賄い、借主の負担を軽くするための対策がとられています。

原状回復の利用の仕方

空と高層マンション

原状回復はオフィスを借りている企業、不動産賃貸会社から物件を借りている人が、不動産賃貸終了後のトラブルを防ぐために、原状回復を行って、返すものです。
一般的には、物件を借りる時には、契約書の中に原状回復して返す内容の文が含まれています。
不動産賃貸会社の業者の中には、現状回復以上の回復を求める業者、会社もあります。
これは法律では禁止されている事ですので、耐用年数なども含め、原状回復を行う業者とよく相談される事が大切です。
トラブルを防ぐために、使用する前に写真などで借りる前の状態を保存しておく事も大切です。
原状回復を行う業者は、様々なノウハウを持ち、トラブルに対しても対処してきていますので、どのような事に対して、トラブルになりやすいのかという事も、しっかりと話し合う必要性があります。

賃貸物件の原状回復

洗面台

賃貸物件から借り主が退去するとき、原状回復をするのが通例です。
部屋の使用方法や時間経過により痛んだ設備を回復させ、別の借り主への不動産賃貸をできるだけスムーズに行えるようにします。
原状回復の作業の大半は専門業者により行われます。
一般的な清掃に加えて、畳の交換、壁紙の張り替え、網戸の交換、カギの交換、フローリングのワックスがけなどです。
退去時の原状回復の料金設定については、借り主と貸し主との間でトラブルになる場合もあります。
借り主の負担で回復させるべきものと、貸し主の負担で回復すべきものがガイドラインとして国が定めていますので、それを参考にして原状回復にかかる料金を決定します。
賃貸契約を結ぶとき、その時点で発生している傷や汚れについては借り主と貸し主の双方で確認することもよく行われています。

原状回復

リビング

原状回復とは最初にかりた時の状態に戻すことをいいます。
ただし自然冷蔵庫などをおいて自然にできる黒ずみ等は家主負担になります。
これは不動産賃貸業者でマンションやアパートを借りる際に契約書をはじめ重要事項説明書にも原状回復義務は記載されています。
もちろん借りている以上は日頃からきれいに使うことがいちばんですが、毎日使っているとそれは難しいので退去する時には借りたお礼もかねて、きれいに掃除するのがおすすめです。
もちろんリフォーム業者もリフォーム後はクリーニングをしますが退去する際査定するのは人なのできれいに掃除するだけで印象が変わるかと思います。
特にキッチンやトイレは日頃からよく使うのでここがきれいに掃除されていると良い印象を与えます。